« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

光熱費 (電気)

タックホームの歴史はオール電化と深く関わりが有ります。

開業当初は、FFストーブ数台での暖房。
しかし、すべての部屋に僅かでも熱が無いと、快適と言えないと実感。
それがオール電化との出会いでした。

各室蓄熱暖房の家は、従来の一極暖房と比べ快適の一言。
しかし、乾燥感やオーバーヒートの悩みから、深夜蓄熱型、床暖房システム+二階蓄熱暖房に変化しました。
これらのオール電化住宅を100棟余り生産してきました。

低炭素社会の荒波から、震災前にヒートポンプ電化にシフト。
建築費が高いQ1スペックを前提として、快適性と言う価値を費用対効果に転嫁できるか?

低価格のエアコン仕様も検討しましたが、FFストーブ時代の失敗を繰り返したくないタックホーム。
平屋なら自信が有るが、2階建ては悩みます・・・・


幸か不幸か、エネルギー価格の高騰。
本質的にエコな住まいが、少ないコストで暮らせる住まいになりました。

もちろん、FFストーブのいえ、深夜電気型オール電化では、光熱費の高騰が否定できません。
しかし、常に北海道基準をクリヤしてきたタックホーム。
平均的光熱費な高騰とは事情が違います。
色々なも熱源に順応する性能は保証できます。


最近の光熱費のリアルなお話 1月頃の価格 (夏当然に数千円)
全室全館暖房を前提に、FF1台やエアコン2台との比較であません。

灯油FF60坪 震災前 45000円 → 今年55000円 (間欠暖房にて)
蓄暖系オール電化45坪 震災前38000円 → 今年58000円
スラブヒーター+エアコン40坪 震災前35000円 → 今年50000円
ヒートポンプ温水38坪Q1.4 震災前 36000円 → 今年39000円
ヒートポンプ温水50坪Q1.0  震災後完成今年 42000円 (年配の方は、寒がりとのこと)
ヒートポンプ温水34坪Q1.0  震災後完成今年 22000円 (節電したましたね(笑))
地中熱温水50坪+太陽光5KQ1 太陽光売電を含み 光熱費ゼロ/年
ヒートポンプ温水+太陽光4K36坪Q1 太陽光売電を含み 光熱費プラス/年(余った)


家族構成・環境により一概に言えませんが、全室全館暖房の比較は、建物と設備のベストマッチの指数で有る事は間違いありませんね。


しつこいですが、
一見、ヒートポンプ以外のオール電化が不利に見えると思いますが、低断熱のオール電化の悲劇は想像にお任せします。


PS
調理器具は、家事エネルギーです。
低炭素住宅の計算では、ガスもIHも同等の評価ですからご心配なく。

| | コメント (4)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »