« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

タックホームの特徴 書きかけ・・・

ダラダラと書きながら、タックホームのいえを自分で見つめます
何度も書き直すつもりなので、箇条書きからスタートします!


暖房をオプションとしない岩手の家

暖房 温水パネルラジエター ピーエス社製品

低温水暖房へのこだわり
人間の体温にほど近い温度で輻射する暖房
身体へのストレスが低く、長い時間薄着で暮らすいえでは理想的
代謝が活発になり、食事もお酒も美味しく食べられる

ぐっすり眠れる
乾燥感が少ない暖房
疲れがとれて、元気に働ける

低温水暖房を実現するためのヒートポンプ
他熱源に比べても温度管理上手なヒートポンプ

高温が得意な、ガス灯油と比較すると、低温を作るのが得なヒートポンプ
低温水が得意と言う意味は、光熱費が掛からないと言う事

だから断熱を高くする
どんなに予算が無くても、窓はトリプル
現在は、クリプトンガスも標準的に採用している

デザインって
プランも色も形もデザイン
断熱も空調だってデザインと思う
家族ごとにそれぞれ有って当たり前

だけど、デザインを主張できる家族って少数派
住宅もデザインコンセプトが解り易い方がユーザーだって楽と思う
色形だけじゃなく、性能も含めて・・・

世界のデザインって、実は理由が有ってスタイルになってるのでは
デザインを個性と訳さず、機能美と考えるのも良いかもしれない
実は、有って当たり前の物を、協調したり隠したりする技が個性なのかもしれない


つづく

| | コメント (6)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »