« 視察 | トップページ | オガールタウン基準とタックホームの性能 »

落・オガールプロジェクト

私、立花は、紫波町の建設会社の取締役になっています
その会社の設計部門として立ち上げた設計事務所
タックホーム開発設計は、盛岡市に有るのですが、オガールタウンのプロジェクトを知り、紫波本社の建築会社と提携して、参加の意向を伺ったのですが、合同勉強会に参加していないので、今回の参画は出来ませんでした

山形エコハウスには、何度となく足を運び、芸工大の教授とも交流が有ったので、なんとか追いつけるのではと思ったのが甘かったです

紫波に本社を置く事業所だけに、非常に残念でした
厳密には、紫波の社長が当初のお誘いを断ったのが、悪いのですが・・・・

概ねQ1住宅、C値0.7程度の住宅で良いと聞き、私のノウハウを試したかったのです
手前味噌ですが、色々な賞や取組をコツコツしてきて、県外との交流が増えていたのですが、同じ県内で、エコタウンの構想が有る事を良く解っていませんでした

紫波には、国交省ゼロエネ住宅を完成したばかりですので、もっとアンテナを広げて置くべきでした
悔しいけど、オガールタウンに負けない家づくりを目標に、紫波町のオガール以外の地区で頑張ります

|

« 視察 | トップページ | オガールタウン基準とタックホームの性能 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。