« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

オガールタウン基準とタックホームの性能

紫波 オガールタウンの事を知った事をキッカケに、当社の性能を比較してみました

先日の記事を読んで、沢山の同業者・メーカーから連絡ありましたが、誤解なく・・(笑)
タックホームは、盛岡市本社なので、そもそも参加できません
私の所属する、紫波本社の建設会社の話題ですので m(__)m

日詰二十一区のエコ基準より

年間暖房負荷 48 kWh/㎡以下
タックホーム 45.4 kWh/㎡ 一例

相当隙間面積 0 . 8㎠/㎡以下
タックホーム 0.2㎠/㎡ 一例

驚きました
(私の計算、間違ったかな・・・・)
数字で眺めると、難しそうな基準でしたが、どちらも1/4程度でクリアです
決して、厳しくないので、コストに大きく影響しないかもと思いました
ネックは、紫波町産木材80%の調達基準が大変そうな気がします

この話題、あまり評判良くないけど、
岩手初?のエコタウン構想に、とても感銘して、興味深々です
全国的にも、素晴らしいプロジェクトですから当然ですよね

平成25年度第1回省CO2先導事業採択事例紹介
これによると、将来は紫波町外の建設業者も参入できそうな書き方ですし・・・


次に興味あるのが
雫石中学校の建替え
全国から2校だけ選ばれた、エコプロジェクトです
岩手から、トップランナーがドンドン生まれるので、当社もうかうかしてられません

| | コメント (0)

落・オガールプロジェクト

私、立花は、紫波町の建設会社の取締役になっています
その会社の設計部門として立ち上げた設計事務所
タックホーム開発設計は、盛岡市に有るのですが、オガールタウンのプロジェクトを知り、紫波本社の建築会社と提携して、参加の意向を伺ったのですが、合同勉強会に参加していないので、今回の参画は出来ませんでした

山形エコハウスには、何度となく足を運び、芸工大の教授とも交流が有ったので、なんとか追いつけるのではと思ったのが甘かったです

紫波に本社を置く事業所だけに、非常に残念でした
厳密には、紫波の社長が当初のお誘いを断ったのが、悪いのですが・・・・

概ねQ1住宅、C値0.7程度の住宅で良いと聞き、私のノウハウを試したかったのです
手前味噌ですが、色々な賞や取組をコツコツしてきて、県外との交流が増えていたのですが、同じ県内で、エコタウンの構想が有る事を良く解っていませんでした

紫波には、国交省ゼロエネ住宅を完成したばかりですので、もっとアンテナを広げて置くべきでした
悔しいけど、オガールタウンに負けない家づくりを目標に、紫波町のオガール以外の地区で頑張ります

| | コメント (0)

視察

ブログでは、大変ご無沙汰のタックホームです


ビックサイトにて、ホームアンドビルダーズショー見学


今年は、ドイツブースが充実していまして、パッシブ旋風でした


リクシルグループの本社見学
霞が関ビルの36階


続いて、提携家具店の視察
カタログと実物の対比をしました


更に続いて、提携カーテンメーカーの視察
オーダーカーテンでは、国内一位と言ってました


番外編では、都内のアパートのメンテナンスです
業者手配するつもりでしたが、手持ちの工具で無事解決
新幹線の移動で、工具を忍ばせるのは、はらはら

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »