« 卒業式三連戦 | トップページ | 仙台にて研修1 »

ヒートポンプ方式の床暖房

相談が多いのですが、私の考えを・・・
暖房のヒートポンプに共通する事は、低温水を作り出すのが得意と言う事

エコキュートは、給湯に向いていて、高温が得意なのにくらべ、暖房用は、高温が不得意で、電気の効率が悪いと言うのがメーカーのデーターです

低温が得意なヒートポンプの場合、床暖房だけで室温もあげるとすれば、体感が不足する
どんなに、Q値が高くても、冷えてる前提だから暖房する訳で・・・
そのため、設定温度を上げ気味になる
結果、電気代が余分に掛かる
パネルヒーター併用で、2階も当然各部屋に取り付けしたい
冷たい部屋を、1階の床暖房で暖めれば、代償として冷たい部分が1階に集まる悪いスパイラルとなる

パネルヒーターは、放熱効率が高いので、瞬時に室温を上げて輻射も行える
指定の温度になると、バルブが閉まり、無駄なエネルギーをカットする
床暖システムで、各部屋毎の温度管理はあまりしていないので、その点で無駄もあるとおもう

そんな経験から、床暖房は高温向けのシステム
低温は、パネルと言う考えで、家作りを続けてきた

結果、居住者からの意見を聞くと、パネルヒーターの方の満足度が高いと得ました

そんな理由で、パネルヒーターをお勧めしています

|

« 卒業式三連戦 | トップページ | 仙台にて研修1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。