« Q値の落とし穴・気密性を構成する要素に関する考察 | トップページ | 満員御礼紫波町完成内覧会 »

全国に、だいたいQ1住宅が乱立する時代・・・そこで

重要なお知らせ

住宅性能の計算方法(追加)に伴う、当社のQ値性能について
仕様パッケージプランのQ値の表現を変更いたします

ヒートポンプ電化タイプ Q値 1.05W
スラブヒーター電化タイプ Q値 1.3W

尚、基準プランによる性能値で、個々のプラン毎に当然変動いたします

Q値は、住宅性能の比較が可能ですが、冷暖房に係わるエネルギーの計算の通過点に過ぎません
建物全体の総熱損失、すなわち冷暖房に係わる燃費と正比例と限りません
Q値が高水準でも、光熱費の掛かる家が存在するのです
関連記事

Q値の計算方法は、数種類有りますが、従来の
BIS法・Dot法に加え、Q-Pex法も併用します
より細かな計算で、だいたいQ1住宅と差別化を図ります
比較検討する統一感が無い現実で、当社の性能の位置づけを見直してみました

45・50キャンペーンで示した価格は、変わり有りません
既存ユーザー様に提示した性能値も、数値的に向上致します
詳しくはお問い合わせください

|

« Q値の落とし穴・気密性を構成する要素に関する考察 | トップページ | 満員御礼紫波町完成内覧会 »

コメント

うちの数値はいくらになるんでしょうか?

投稿: hyde | 2010/09/19 10:37

こんにちは、
確かに気になります
早速調べてみますね

投稿: 立花(管理人) | 2010/09/21 20:19

この記事へのコメントは終了しました。

« Q値の落とし穴・気密性を構成する要素に関する考察 | トップページ | 満員御礼紫波町完成内覧会 »