« 住宅借入金等特別税額控除 の時期ですね | トップページ | とちぎ住環境研究会さんとの交流 »

新年会

楽しい新年会に参加しました


大変お世話になっている工務店さんの主催で、私行っても良いのかな?
と思いつつ、シャノンの末光さんのお話を聞けるので、勇んで行きました
人のタイプ別のコミュニケーションのヒントでした
今日から、でも実践できる内容で、とても楽しく拝聴しました

そう、写真の通り、岩手ハウスサービスさんの新年会です
岩手住環境研究会・ドットプロジェクトなどで、大変お世話になっています
私にとって、兄貴って感じなのです


アトラクションは強烈な内容でした(笑)


本人は、書くなといっていましたが・・・・すまん
パン食い競争の選手です


川村ばかり悪いので、立花も変装用のめがねで・・・
すっかり、酔っ払ったのです

なにせ、当社と係わりの深い方も多く、終始楽しく歓談できました
tacでも、こんな集まりが出来たらいいだろうなと、うらやましく思いました

|

« 住宅借入金等特別税額控除 の時期ですね | トップページ | とちぎ住環境研究会さんとの交流 »

コメント

  2008年度版

①5月24日衆議院本会議で、全ての新築住宅について瑕疵担保責任を確実に履行するための裏づけとして、住宅建設・販売業者へ供託金か保険加入を求める「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法」が可決・成立しました。法律の内容と対応について、(財)住宅保証機構が説明チラシを発行しました。

これにより、保険会社に選ばれなかったゼネコン(大手、準大手関係なし)、ハウスメーカー(大手、準大手等関係なし)が仕事が出来なくなる。

②建築基準法の改正に伴い、12月に4号建築物(一般的な2階建て以下の木造住宅)の特例(構造に関する審査の省略)が廃止されます。
特例廃止のねらいは、全くごく一部の不良業者・設計士のしたことを利用して軸組み木造住宅を建て難くさせ、町場の住宅建設・まちづくりを大手建設会社の市場にして、儲けの対象とするものです。
これによりより一層厳しい時代に突入

③「住宅瑕疵担保履行法の事業者向け説明会」を開催/住宅リフォーム・紛争処理支援センター
 (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、「住宅瑕疵担保履行法の事業者向け説明会」を開催する。

 「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」が、2009年10月1日から施行されることを踏まえ、建設業者や宅建業者を対象に、法律の制定の経緯および概要等について説明するもの。

投稿: nago | 2008/01/24 09:55

nago様
情報書き込みありがとうございます

① おかげさまで、当社は、保険機構への登録は済ませております
厳密には、今後指定される見込みの機構に登録済みです
とは言え、今後の動きも気になるところですね

② 資格の有る者が、家作りに責任を持つ事と考えます
現在、特例が有っても、法理に反して良いと言うことでは有りません
資格のある者は、当然特例の部分をクリヤーしている事を確認した上で、設計監理しています
とは言え、手続きの時間がかかりますね
お客様も、早めに行動していただいた方が、良い時期かもしれませんね

③ 当然セミナー等が増えますね
忙しいが仕方ないね

*もしも、工務店経営を阻止する、法律(規制)でしたら、いままで建てて来た建物のアフターサービスをすることなく、廃業の道を選ぶ事になります。
お客様は、たった今から、信頼できるハウスメーカーを選ぶ必要が有りますね。

当然、選ばれる、タックホームになります
皆様、宜しくお願いいたします


投稿: 立花(管理人) | 2008/01/24 18:04

この記事へのコメントは終了しました。

« 住宅借入金等特別税額控除 の時期ですね | トップページ | とちぎ住環境研究会さんとの交流 »