« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

感謝 感謝

年末のご挨拶に伺いました
カレンダーも少しづつ増え300を超えました
本当に感謝いたします

近年は二日でも間に合わなくなり
明日も少しうかがいます
すみません
もしかしたら、いつも伺っている所も忘れたかも
少し不安です

また゛こないと言ってくれたら参上します
(^_^;)

一年に一度
なかなか忙しくてお会いできない方から
今年は遅かったねと・・
ほのぼのと嬉しさがこみ上げて来ました


年賀状もやつとこ 書きました
いつの間に400枚を超えびっくりです
枚数が減らないように精進しなきゃ

今年は雪もなく正月が来るのか不安でしたが
やっと雪がシンシンと降ってきました


2003年本当に感謝します
来年もがんばります
どうぞ皆様 良いお年をお迎えください

 有限会社 タックホーム
 代表取締役 立花清久 (^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

今年も残りわずか

皆様に感謝の一年でした

今年は雪がないので事務所・倉庫の在庫整理・清掃が順調に進んでます

年内は、業務が28日までです

おかげさまで当社のカレンダーも毎年少しづつ増えています
皆様へのご挨拶は大晦日までかかりそうですが
立ち寄った時には宜しくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス

タックホームも無事年内の引渡しを終えやっと年末の挨拶に伺っています
今年、オール電化で建てた方に伺いました
オール電化は、煙突がないから、サンタさんが来るか心配しているお子様がいました(*^_^*)

しかも気密性が高いので、サンタさんの入る隙間がないのです!
天窓を少し開けておけばいいかも知れませんね

でも大丈夫、きっとサンタさんはくると思うよとお子さんに言いました

早速、私もサンタになるため家に帰ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欠陥住宅のテレビ

見ましたか?
あまりの酷さに驚きと怒りすら感じました

何とか救済する事は出来ないものかと思いました

テレビ的には、業者が有利な事ばかり表現されていましたが
実際は、業者は金銭(残代金)を授受すると同時に
建物を引き渡す、同時履行が原則です
消費者も賢くならなくてはいけません

とは言えマイホームは何度も買える物でないので
やはり、信頼のおける業者が一番です
単に、保険に加盟してるとか、大きいとか、それだけではないと思います
信頼できる、人間かどうかと言う事と思います

私は、クレームから逃げず、研究して二度と同じミスを起こさない様に、努力しています
まだまだ、経験が少ないので、御不安もあると思いますが
先入観が問題の解決を遅くしていると思います
これからも、素直な気持ちでクレームと向きあい
良い家を造っていきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月展示会 終了しました

ラスト東安庭終了しました
2日間で40組 延べ100人程の来場でした
オール電化の柔らかな暖かさを体感していただきました

本当にありがとうございます
早速、設計見積もり依頼・・・
ありがとうございます(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月展示会

3週連続開催中です

現在2週完了です
2日間だけですが
35組 延べ100人以上の来客でした
当社を真剣に検討いただいた方もいらっしゃいました
やはり 寒い時期に本当の良さを体感していただけるのが
一番です

ラスト来週はメインイベントの東安庭です
マシェリに掲載します
電力の後援で開催出来ることは、大変うれしい事です

当日は電力関係の方も応援に来ますので
他社で検討してるかたでも見に来てください
キューブ構造の違いは電力関係者も判っていると思うので
本音で聞いてみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

先日、創業以来はじめて忘年会をしました

年に一度、安全衛生協議会を行い工事現場の意識の向上を目指します
大工と社員+子供の12人の小規模なものでしたが、こじんまりしていると息が合う感じがしました
来年は、現場マナーの向上と棟梁の現場案内の充実をテーマに懇談しました
何より、安全第一・お客様の財産を守る事が建設会社の本業です
見かけの営業トークより、実際の工事現場が一番大事と考えます
最近の当社の現場がいつもよりきれいになっていく感じがしてとても気分がいいです

やはり、机の乱れは心の乱れ・・・・・
知っている人は笑うと思いますが
私の心は・・・・かなり乱れているみたい(^_^.)

堅い話の後の忘年会は、以外に盛り上がりました(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »